映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」を観た

胸糞悪い映画(褒めてる)。

連続殺人事件から22年経ち犯人が見つからないまま時効が成立した。 それを見計らって犯人が告白本を手にメディアに姿を表した。

時効が成立した犯人を罪に問えないがそれは正しいか。 被害者による私刑は許されるか否か。 答えは難しい。

前半はそういった倫理的な要素が、後半はミステリー的な要素がありとても面白かった。