映画「ザ・ギフト」を観た

薄気味悪い映画。

ザ・ギフト[Blu-ray]

ザ・ギフト[Blu-ray]

何度も届く、恐怖(ギフト)。 新天地で幸せな家庭を築く夫婦サイモンとロビンの前に現れた、夫の同級生と名乗る男・ゴード。再会を喜び、 二人に「ギフト」を贈り始めるゴードだったが、徐々にエスカレートしていくギフトに、二人は違和感を覚える。 やがて夫婦のまわりに異変が起き始め…ついに二人はゴードが仕掛けた恐ろしいギフトの真相を知ることになるのだった――

amazonからあらすじ抜粋

望んでもないギフトを送り続けるゴードの心意がわからない、その不可解さが不気味さを掻き立ててる。 恐怖が迫りくるようなホラー映画とはその点が大きく違う。 最初はわからなかった行動が話が進むにつれどんどん明るみに行く演出になっていくのだが、話のテンポは悪いように感じた。 ゴードやサイモンの行動も突飛すぎて共感が持てない。