「生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)」を読んだ

基礎大事。 初心忘れるべからずを思い出させてくれる書籍。

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

東ロボプロジェクトで有名な新井紀子先生が、数学の考え方を教えてくれる書籍。 数学が出来るとは、数学の試験の点数が良いということではない。 案外数学の考え方を出来ている人は少なくて、大学生でも出来ていない人は結構いるのではないかと思っている。 書籍では、「掛け算を宇宙人に説明できますか?」という問いかけから、「分かっている気になっていませんか?」という問いかけへと変わっていく。 本当に理解しているなら、説明できなくてはいけない。 わかった気になるのではなくちゃんとわかる、そういった大事なことを思い出させてくれる。

書籍中の好きな言葉。

一見共有できるかのようなあいまいな空間に甘えない