読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たいていのことは20時間で習得できる 忙しい人のための超速スキル獲得術

学習能力の高い人になるコツ。

概要

目標を分析し、何が必要かを洗い出し、決めたらそれに集中して取り組む。 それが出来れば、どんなスキルもも20時間で獲得することが出来る。

感想

言っていることはとても単純で、効果的な方法を見極め、集中してそれに取り組むというだけ。 言われたら10人中10人が、当たり前と納得できるような内容だけど、やれている人はおそらく少ない。 それはシステマティックに出来ていないから。 システマティックにできていないから、本質は理解しつつも、自分がその本質からずれていることに気づかない。 本書の主張が当たり前と言って、簡単に批判するのは良くない。

新しいことを学習する時に、学習者が抱える一番の不安は今やっていることが正しいのかどうかわからないことだと思う。 不安を抱えていれば、学習に集中できない。 この本で著者から感じたことは、今やっているプロセスがゴールに最善だと自信を持って学習しているということ。 もちろん、間違うこともあるけど、それを軌道修正することも含めて学習に取り組んでいる。 本書の半分は著者の体験談で、蛇足的な内容になっているけど、その分学習時に抱えていた疑問や、それにどう取り組んだかといった生々しい体験談がとても参考になる。