読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「オデッセイ」を観た

火星に取り残された宇宙飛行士の話。

たった一人で、機材も食料乏しい環境で生きる姿はたくましく感じる。

火星では出来ないことが多すぎる。 食料はどうすればいいのか、空気はどうすればいいのか、水はどうすればいいのか、 そもそも地球にはどうやって変えればいいのか。 これだけ問題が多いと何から取り組んで良いのかわからないし、 普通ならその問題の多さに絶望してしまう。

主人公のワトニーはそんな状況でもたくましく前へ進む。 全体の状況を把握し、時間はかかるけど1つ1つ問題を解決していく。 ワトニーが劇中では発した言葉が心に残った。

問題を1つ片付ける、片付いたら次の問題を片付ける。
それが、「助かる」につながる。

単純な気がするけど、これが身についている人とそうでない人の能力差はとてもつもなく大きいと思う。