読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」を読んだ

面白かった. これまでにもホリエモンの本は幾つか読んできたが, 以前に書かれた時よりも格段に文章力が上がっていて凄く読みやすかった.

以前からもホリエモンの言うことは極端だけれども, 本質を付いていることが多いなと感じていた. その反面,言葉足らずなせいか,意図が伝わらなかったり, なぜその結論に行き着いたのか,その道筋が相手に伝わっていないことが多く感じた. 書籍では,様々な物事に対する考え方を書いているが, 分かりやすいし,共感を感じることが多かった. ホリエモンが嫌いな人でもこの本を見れば, 印象が変わるという人は少なくないのではないかと思う.

書籍に書かれた,色々な考え方の中で一番なるほどと思ったのが次の言葉.

「悩む」と「考える」の間には,決定的な違いがある. まず,「悩む」とは,物事を複雑にしていく行為だ. (中略)一方の「考える」とは,物事をシンプルにしていく行為である.

これまで,両者を同じように捉えていたけど,言われてみると 確かに性質の違う事柄でのように思える. 物事を複雑にしていって良いことは無いので,これからは「悩む」のではなく 「考える」ように心がけなくては.