読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「任天堂 “驚き”を生む方程式」を読んだ

任天堂 “驚き”を生む方程式

任天堂 “驚き”を生む方程式

DSやWiiの開発秘話や,これまで任天堂がどういった製品や勝ちを提供し, どう失敗しまた成功してきたかがとても分かりやすくまとまった1冊.

任天堂がどういう会社か,どういう社風でどんなマインドを持っているかは, 他のメディアに比べメディアの露出が極端に少ないためよく理解していなかった. 岩田元社長のいくつかの対談や 任天堂公式の社長が聞くなどを幾つか 読んで任天堂について感じていたことは, 任天堂のゲーム(娯楽)についての考えが, 他社やその他一般の人が思い描くものとは大きく違い, それにもかかわらず, 社員一人ひとりが同じマインドを共有している様な, 独特の文化を持っている会社ということだった. なぜそういった文化を持っているか,任天堂らしさを 社員一人ひとりが共有しているのかについてその時点ではよく分からなかったけど, 本書を読んでその疑問がいくらか晴れた.

他のゲーム会社と任天堂の大きな違いは,任天堂は単なるゲーム会社ではなく,娯楽の会社だということ. 元々任天堂花札を製造する会社で,時代と共に,トランプや,玩具,ゲーム機など 時代に合わせて商売の形態は違えど,一貫して「娯楽」を社会に提供してきた. ゲーム機の範囲に留まらない 「娯楽とは何か?」を追求し続けてきた点が他のゲーム会社と大きく違う.

「娯楽とは何か?」という問いの答えについて明確な記述はなかったが, 本書の以下の部分がその答えに最も近いのではないかと思う. この一言で,任天堂の様々な行動や戦略の説明がついてしまう.

「こんなリスクがあるかということよりは,『今ご支持いただいているものにお客さんが飽きるより速く,次の提案が出せるか』 がもっとも重要だと思っています. 出せれば任天堂がご支持を頂ける期間は伸びていくし, 出せなければ,『任天堂はあの時がピークだったね』と, 近い将来に言われるだけなので,そこをしっかりとやりたいです.」

ソニーマイクロソフト,あるいはアップルが的なのではない. 最も恐れるべき敵は,飽きであることを,岩田は自覚している