読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」を読んだ

仕事術に関する本では堂々のNo.1だと思う.

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

仕事を始めて一番驚いたことは,メインの仕事以外にも雑多な様々なタスクを並列にこなす必要があるということ (そんなの当たり前と思う人も多いかもしれないが,僕には衝撃だった). 並列に処理するのはとても脳に負担がかかる. タスクが完了するまでは,未完了のタスクの事が気にかかるし, そもそも一つ一つのタスクの処理の段取りを決めるだけでとても億劫だった. 更に言えば,プライベートでも行わなければいけないタスクも以前よりも格段に増えて, 同様の悩みを仕事だけでなくプライベートでも抱えていた.

仕事の取り組み方の改善が必要な事は明白だった. 一番最初に行ったことはカレンダーの活用で,締切を設定し記入するだけで心がとても楽になり,うっかりミスも減った. ただし,カレンダーの記入は目標設定や健忘録には役立つが,一つ一つのタスクの処理が効率化したわけではなかった. 目標と具体的な行動までは大きく開きがあって,いざ取り組もうと思うとその具体的な行動を考えることに非常にストレスを感じた. そこで,具体的な行動(目標ではない)をTODOとして管理することにした. ストレスを感じる原因は具体的な行動を考える事そのものではなく,その後の面倒なタスクを想像してしまうことにあった. 具体的な行動「だけ」を考えるステップを設けることで,この問題を解決することが出来た.

ここに至るまではかなりの紆余曲折や試行錯誤があったのだけれども, 今の手法が仕事術としてはかなりポイントを抑えているという実感はある. だが,完璧とは思っていないし,もっと洗練させることは出来ると思っている. いろいろ調べた結果,GTD(Getting Things Done)の手法が僕の理想としている手法に合致していた. GTDの大雑把なアイディアを述べると次のステップを行う.

  • 「収集」やりたいこと,やらなければいけないことを全て列挙する
  • 「整理」ほんとうにやるかどうか,達成するまでに複数の行動がある場合列挙する
  • 「処理」実行する
  • 「レビュー」何が出来て何が出来ていないかを整理して把握する

仕事や,それ以外の様々な事柄に関して,効率化の本質は「型にはめる」とういことだと思う. もちろん,その中身は重要で,こういうプロセスを踏めば大多数の人が成功できるであろう内容が望ましい. GTDのプロセスは,僕のこれまでの経験に基づくと洗練されたプロセスのように見えるし, また個々のステップで行うことはとてもシンプルで継続して行っていけそうな気がする. 今では様々なITツールが使えるので,より適したものを選定しながらGTDを実践していきたい.