小説「恥知らずのパープルヘイズ」を読んだ

 

恥知らずのパープルヘイズ ?ジョジョの奇妙な冒険より?

恥知らずのパープルヘイズ ?ジョジョの奇妙な冒険より?

 

 荒木飛呂彦本人が話の流れと設定を書いたんじゃないかと思うぐらい世界観が一致していて面白い.

一味が組織を裏切った時ただ一人ついていかなかったフーゴのその後は原作では語られていなかった.物語の中心として語られ成長していった仲間たちと,そうではないフーゴとのギャップを想像すると哀愁の感が際立つ.そういった想像するしかなかった裏側の物語を上遠野浩平が忠実に描いてくれた.

全てのジョジョファンは読むべし