wifiの再接続を自動化

今住んでいるところではwimaxがとても繋がりにくい.
wifiに接続した直後はうまくいくのだけど,少し経つと繋がらなくなる.
wimax機器との接続は維持されているようなのだけど,ネットにはつながらない.
一旦wifiを切って,再接続すると問題は改善される.

ただこの状況が頻繁に起こり,その度に「Wi-fiを切にする」「Wi-fiを入にする」(接続できるwifiを探すために少し待つ)「目的のwifiを選択」の作業が必要になるため,非常にフラストレーションがたまってしまう.

この現状を改善するためにwifi再接続の自動化を思い立った.

 

既に問題を解決済みの素晴らしい先人がいたので,そのまま参考にさせてもらう.

Mac OSX Shell Script to automate connecting to WiFi network | Magp.ie

コメントにも書かれているように以下のコマンドでwifiデバイスを調べ,変更する.ちなみに僕の場合en1からen0に変更した.

networksetup -listallhardwareports

これでコマンドを叩くだけでwifiの接続が出来るようになった.

更に利便性を上げるため,アイコンをDockに用意し,それをクリックするだけでスクリプトが実行するようにしよう.
以下のページを参考にすれば簡単にできる.

Mac - アイコンのダブルクリックでシェルスクリプトを実行する - Qiita

 

これで面倒なwifiの再接続をクリック1回で出来るようになった.
めでたしめでたし.