MacのVirtualBoxにUbuntu14.04を入れた時のメモ

Mac Book AirVirtualBoxを入れ,ubuntu14.04をゲストOSとしてインストールしてみたので最低限の設定をメモする.

・Guest Additionのインストール

ここが詳しいChapter 4. Guest Additions

sudo apt-get install dkms
virtual boxのメニューからGuest Addition CDをマウント.
シェルスクリプトを実行するか聞かれるので実行する.
聞かれなかったらマウントしたフォルダに行ってシェルスクリプトを実行.
ゲストOSを再起動すれば,VMのウインドウ画面やホストOSとの様々な連携ができるようになる.

 

VirtualBoxの設定

VirtualBoxのメニュー欄からクリップボードの共有と共有フォルダの設定をする.
共有フォルダは/media/sf_xxxとしてマウントされるが所有者はvboxsfとなっていて一般ユーザはアクセス出来ない.ユーザーをvboxsfに設定する.
sudo usermod -aG vboxsf user_name
# すぐアクセスできるかとおもいきや再起動しないと駄目だった.

Ubuntuの設定
UbuntuはSuperとAltにショートカットが割り振られていて,自分にはとてもうれしくないので無効にする.

Ubuntu 14.04 LTSをインストールした直後に行う設定 & インストールするソフト

Additionalで以下のショートカットを無効にする
HUDの呼び出し(Alt)
ランチャー表示(Super)

 

Anthy
キーボードレイアウトをUSに
IMEの切り替えキーをCtrl-Shift-Spaceに

 

・既知の不具合
Cmdを入力すると`が入力される.調べても似たような事例は見つからない.
また,"本当の"`を入力した時と,若干挙動の違いが観られる.タイムラグなど.
おそらくKarabiner - Software for OS XでCmd-L, Cmd-Rをそれぞれ,英数,かなに設定していることが原因だと思っている.(正確にはキーを組み合わせない場合は英数,かなで動作し,組み合わせた場合はCmd-L, Cmd-Rと挙動する設定)

この予想に至って,この問題の解決を諦めた.ゲストOS,VirtualBoxだけで修正するのが難しそう.
現状Cmd-L, Cmd-Rは`が表示される使い勝手が悪いキーとなっている.
そのためホストキーをCmd-LからAlt-Lに切り替える.

 

これで僕の場合,最低限使えるようになった.
もちろん,emacsやその他大勢インストールするけども,それらはapt-getで済んでしまう問題なのでわざわざメモしない.