「入社1年目の教科書」を読んだ

 

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 

面白かった.仕事する上で心がけることを紹介していて, 入社一年目じゃなくても十分参考になる内容だと思う.

経営者ということも合って,ちょっとした行動にもこだわりがあるのだなと分かる.文章から著者の元気の良さと熱意が十分に伝わって来た.

この本を読んで感じたことをキーワードとして書き出してみる.

  • 考えろ
  • 行動しろ
  • 人と触れ合え(多様な人と接して刺激をもらえ)

感想終わり,以下雑談.

優秀な人とそうでない人との違いはこだわり方だと思っている.何事にも理由を持っていると言い換えても良い.人は行動する時に常に考えて行動しているかというとそうではない.殆どの場合惰性で行動している.いやいや理由をもって行動しているよという人も多くいるかもしれないけど,その理由にも深さがあって,その理由を追求すると答えに窮する人が多いかと思う.優秀な人は深く考える.表面的な事だけでなく,深く深く考える.問題はどこか,どう行動すればいいのか,その考え方は正しいのか.そういった思考の深さがこだわりと現れて,その考えが深いほど得られる経験値も高い.

それじゃ,そういった考える能力はどうやったら身につくのという話になるけども,これは注意して考え続けるしかないと思っている.今日目の前の物事について真剣に考えることが,考える力の向上に繋がる.そうした事の積み重ねが大事.