読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」を観た

 

外人さんがこのアニメの最終回を見て号泣している動画をyoutubeで見て,前から気になっていた.

なかなかに面白かった.たぶん僕は,幼いころにトラウマを抱えてるという内容が好きなんだろうなぁ.

このアニメで,主人公のじんたんはひとりだけ幽霊のメンマが見れるっていう特別な立場にあるんだけど,この設定ほんとずるいなと思った.(じんたんに甘いという意味で)

メンマが死んだことでみんなトラウマを抱えてしまっている.メンマの事以外にも各々自分にコンプレックスを持っていたりする.そういった事から各登場人物は様々な行動を取る.

じんたん:高校受験に失敗して引きこもり.

あなる:周りに合わせてしまう性格のせいで,ギャル化.

ゆきあつ:じんたんに対する嫉妬から,進学校で学年2位に上り詰めるまで勉強をがんばる.あと女装.

つるこ:ゆきあつが好きで,ゆきあつに負けないように勉強を頑張る.自分の気持は押し殺す.

ぽっぽ:メンマの事故を目撃したトラウマで世界を放浪.

 

明らかにじんたんが駄目すぎないか.ゆきあつ,つるこまでと言わないにしても勉強頑張れって思うし,その後のひきこもりも,ぽっぽの行動力の差がすさまじい.あなるはそれほどすごそうに見えないが,必死に他人に合わせようという努力,行動力が見える.

じんたんに嫉妬し,コンプレックスを抱えながら努力してきたゆきあつがどうやってもじんたんに敵わないというのは報われないなぁと思った.