読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 安河内哲也の大人のための英語勉強法 」を読んだ

 

ここ2ヶ月ほどDUOを継続して読み進めていて,後もう少しで英語参考書をひと通りやり終えるという人生初の経験をしようとしている.そんな矢先,おもしろそう,かつ手軽に読めそうな本を発見したのでちょっと休憩がてら手を出してみた.

読んでみると大事なことが過不足なく語られており,また余計なものがないとても良書の本だった.

印象に残った点は2点.

1つ目は,「文法は中学レベル+αで良い」と行っている点.僕の文法レベルは現在中学レベルで,今後時期を見計らって高校レベルの文法を学ぼうと思っていたのだが,著者の説明を聞いて考えが変わった.

著者は以下のように語っている

あなたは「クジラの公式」というものをご存知ですか?

A whale is no more a fish than a horse is

(クジラが魚でないのは,馬が魚でないのと同じである.)

この例文は,no more [less] than ... という構文を説明する際によく使われます.大学入試にはよく出ているので,受験対策の授業では私も教えています.

しかし,これは会話には余り使われない英語表現なのです.私のように毎日英語に触れている人間でもせいぜい数ヶ月に一度お目にかかるかどうかです. 

妙に納得した.高校レベルの文法ももちろん必要ではあると思うけど,今は他にすべきこと(今の時点でより効果が高い学ぶべきもの)が沢山あって,それが出来てから必要に応じて学んで行けばよいのだろう.

2つ目は,世の中は英語格差がどんどん広がっていると主張している点.グローバル化が進んだことで英語の正しい習得方法を知っている家庭が増えている.そのような家庭では英語の教育に関してブレずに一貫しているため,スムーズに英語を習得し,そうでない家庭では様々な学習方法に振り回され,いつまでも英語を習得できていないらしい.

以下は著者の言葉

教育哲学が変わるということは学び方のセオリーが変わるということで,学習者は腰を据えて英語学習に取り組むことが出来ません.

したがって一見何年も続けて英語を学んでいるようですが,実際には環境が変わる度に新たに学習方法からやり直しているようなものです.

 大事なのは正しい英語学習方法を地味に続けること.けど,英語ができないと,今やっている英語学習法が正しいのかどうかなんて分かりにくい.だから今やっている学習法で正しいか,身についているか,など自問自答しながらやっていくのが大事.