「君へ。―つたえたい気持ち三十七話」を読んだ

 

 作家によって好き嫌い分かれるな.