シャーマンキング

連載当時読んでいたが,話のテンポが早すぎてついていけず,またどんどん登場人物の持ち技が進化しく様にうんざりして読むのをやめた記憶がある.記憶の中では「ブリーチ」のような場当たり的なストーリー,画力で見せるだけで内容だった気がしたが,再読して見ると話の筋もよく通っているし,話しのテンポの速さも単行本で読むと軽快に思えた.確かに画力で魅せている部分が十分にあるけど,細部まで描き込まれてて,「ブリーチ」のような薄っぺらいものでも全然なく,絵に引き込まれる部分も沢山ある.
2日で32巻一気に読んだけど最後の終り方が残念.打ち切りみたいな終り方で不完全燃焼な終り方.話に引き込まれて終盤どうなるかとワクワクしていたけど残念だ.

シャーマンキング 1 (ジャンプ・コミックス)

シャーマンキング 1 (ジャンプ・コミックス)