私は英語圏で勝負するのを諦めた

英文校正サービスenagoのインタビュー録.
日本人が世界に出るにあたり一番の障壁となるのがコミュニケーションとするための言語,世界の公用語である「英語」だ.インタビューを受けているのは一般人でも大学生でもなく,既に結果を出し,世界で活躍しているといっても申し分のない方達だ.そのすごい先生たちでも英語には壁を感じている.
この記事から学べることは「英語は流暢に話さなくても通用する」という安心感だろうか,下手でもいい,英語は単なるコミュニケーションのツールなんだからそんなに思いつめるなよと.養老孟司氏にいたっては「英語論文なんてあほらしいことは絶対やめた」とまで言い切っている.
僕は正直そこまで割り切れないし,英語はこれからも学習していこうとは思うが,過去の先人たちが努力しても同しようもない程,ネイティブ並みになるのは難しいと感じていること,それ自体が安心感になって英語学習の重みを和らげてくれるのではないかと思う.