アヒルと鴨のコインロッカー

椎名: 大学1年生,一人暮らしのため引っ越してきた
河崎: 椎名の隣の部屋の住人,本屋襲撃を椎名に持ちかける

琴美: 河崎の元カノ,ドルジの恋人,ペットショップ勤務
ドルジ: ブータンからの留学生
麗子: 琴美が働くペットショップのオーナー

物語は椎名が主人公の「現在」と,琴美が主人公の「二年前」が交互に語られ進んでいく.
何気ない行動や仕草に実は理由があったり,2つの時間軸がうまくからみ合ってとてもおもしろい.
話の最後は引きこまれて一気に読んでしまった.

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)